同性との不倫が不貞行為と判断され損害賠償命令が出ました

東京調査サービス

東京調査サービス

同性でも不貞行為があったと判断されました

とある夫婦の妻の浮気相手が同性の女性と不貞行為があったとされる裁判で、東京地裁はその妻の浮気相手の女性に損害賠償命令の判決を言い渡しました。

こういった同性間での不貞行為を争う裁判はこれまでほぼ無いに等しいとされています。

この女性は不貞行為とは「異性間での行為を意味する」として同性同士の行為は不貞行為の対象にはならないという反証を行っていたそうです。

令和3年2月の判決では不貞行為とは男女間の浮気だけではなく、平和な婚姻生活を阻害するような性的行為も不貞行為に当たるという判断があったもようです。

裁判の傍聴はしていないので憶測になってしまうのですが、やはりどこかの探偵事務所さんが奥様の不審な行動に悩んでいた夫の依頼で浮気調査を行ったのでしょうか?その上で同性の女性との浮気行為が発覚したのでしょう。あるいは同性同士の行為には何らかの道具のようなものがあると聞いております。その道具を発見してしまい、問い詰めたところ白状したというケースもあるでしょう。

ニュース記事を見ると、性行為があったという事は認めているような感じがありますね。ラブホテルの出入りを証拠として押さえられていた可能性が高いです。

当探偵事務所では過去に同じような浮気調査を経験しております

今回と同じように妻の浮気を疑った夫からの依頼でした。奥様は時折自家用車で出かけており、カーナビゲーションの履歴からホテル街の近くに行っていることが判明し当事務所に相談に訪れました。

数日の調査の結果、奥様は勤務先~自宅の中間にあるサロンに通っており、その店舗の女性施術士と仲良くされていました。その相手は男性的なショートカットで〇〇〇ジェンヌの雰囲気を醸し出していました。

ある時張り込みをしていたら、奥様が小走りで出かけていきました。電車で40分ほどの行った駅近くの瀟洒なマンションで件の女性施術士と合流。その女性施術士のマイカーに乗り、二人はドライブデートの様子。

その後高速道路のジャンクション付近にあるラブホテル街の中へ。

二人が出てきたのは翌朝でした。

その結果を依頼人にご報告しましたが、”信じられない”といった感想で、調査自体はそれ以上行われませんでした。まさか長年連れ添っている妻が同性愛者とは事実は小説よりも奇なり、を地で行くような浮気調査でした。

嘘をついて女性に中絶薬を飲ませた男性が逮捕されました

東京調査サービス

国内未承認の中絶薬を女性に飲ませた男が捕まりました

交際していた女性が妊娠したことが分かり、作業員の男性が国内未承認の経口妊娠中絶薬を飲ませたとして逮捕されたというショッキングな事件がありました。

妊娠を告げられた交際相手の男性がその女性に内緒で、インターネットで手に入れた妊娠中絶薬「ミフェプリストン」2錠を性感染症の薬であると偽り、飲ませて堕胎(だたい)させようとした疑いで逮捕されました。

ミフェプリストンについて/厚生労働省

「不同意堕胎未遂」という容疑なのですが、言葉は悪いですが結構珍しい刑法で、1998年(平成10年)以降において未遂と致死傷を含めても適用例が少ない刑法のようです。

刑法第215条第1項の「不同意堕胎罪」では女子の嘱託(しょくたく)を受けないで、又はその承諾を得ないで堕胎させた者は、6か月以上7年以下の懲役に処せられる。堕胎罪の基本的類型である。堕胎の罪のうち本罪のみ未遂も罰する(刑法第215条2項)。

とあり、当たり前ですが立派な犯罪です。

今回の男性は20代。女性は10代ということで、子育てや結婚する気が全くなかったか男性側に交際相手が他にもいた、もしくは結婚していたのかまでは報道されていませんが、とても悲しい事件です。

今回女性に飲ませた「経口妊娠中絶薬」とは妊娠初期に服用して人工的に流産させる薬で、日本国内では未承認の薬品になります。欧米では承認されている国・薬品もあるようなのですが、医師の元で管理され妊娠した女性の年齢や体調、アレルギーなどを鑑みて使用しているようです。同薬は感染症や出血を引き起こす恐れがあるために厚生労働省では医師の処方が無い場合、個人輸入を禁止しています。また、ミフェプリストンだけの服用すればよいという訳ではなく、時間を置いて子宮の入り口を開いたり、収縮させる薬も服用するようです。

逮捕された男性はインターネット販売で手に入れたようですが、こうした薬品を個人が手にすることは非常に危険な事ですね。海外で販売されている国内未承認の薬品が誰の手にも入ってしまう事は規制によってなくした方がいいですね。医師の処方があれば輸入は禁止していないようなので、医師や病院以外は輸入できないようにすべきです。

過去には個人輸入で服用した女性が痙攣や大量の出血などで大きく体調を崩して入院するという健康被害が報告されています。今回の場合、悲しいことに女性は流産したということです。

首都高速の尾行

東京調査サービス

先日、調査を行ったのですが、車両の尾行調査もありました。都内某所から張り込みを開始。この日は強風及び雨で張り込みは大変なものになりました。

車は用意していたのですが、車内からは対象者の居るところの出入りが見えません。仕方なく調査員三名で交代しながら張り込むことになりました。交代で張り込めば疲れを軽減することが出来ますし、トイレや食事も交代で行うことができますからね。

しかし、肝心の対象者は中々出てきません。この対象者は普通の勤務ではないので何時出てくるか全く予想も出来ないのです。ですからこの日は朝7時から行いました。

お昼ごろ自分が近くのコンビニエンスストアで昼食を買っていたら、調査員から対象者が出た!との連絡がありました。自分がコンビニエンスストアから出てきた時にはすでに迎えに来た高級外車の助手席に座っていました。

急いで車のある所まで行き、調査員らと合流。車両の尾行になりました。車両は一般道から幹線道路に出て都心方面に走ります。途中首都高速に乗ったのですが、、、

首都高速は合流・分岐・合流・分岐と細かく分かれているのが難点です。無理やり割り込めばクラクションを鳴らされて目立ってしまいますし、尾行している車両の真後ろにピッタリつけばバレてしまう可能性があります。

走ったことがある人であれば分かると思うのですが、中々難しいのが首都高速なんです。特に箱崎近辺。

暫く尾行はうまくいっていたのですが、分岐のところで見失ってしまいました、、、。

指示の元、自宅に再び現れるだろうという事で自宅で待機することになりました。それから8時間経過、、、。

やはり自宅に戻ってきました。

今回は「浮気調査」なので、迎えに来た車が何処の誰なのか?がとても重要になります。数分後、再び車が動き出したので尾行を開始します。昼間と同じようなルートで都心に向います。

今度は失敗できません。運よく、昼間と違い首都高速の車の量はグッと減っています。合流も車が少ない為、割と間を空けられずに追尾することができました。

結局、車は都心のタワーマンションに入っていきましたが、何処の部屋に入ったのかまでは分かりませんでした。その辺は翌日の調査で行うとして、今回は一旦引き上げることにしました。

首都高速は新たに「山手トンネル」も出来て非常に便利になりましたが我々探偵事務所にとっては業務中は敵ですね(笑)

PAGE TOP